医療職とシフトについて

シフト作成と個々のスケ-ジュール管理についての記事まとめ

複雑なシフト作成も簡単にできるソフトについて

看護師は、複雑なシフトの下で働かなければなりません。患者の命を守るのが責務であるため、昼夜を問わずに看護をしなければならないからです。また、看護師のシフトは、全病棟の看護師の平均勤務時間が72時間を超えてはならないというルールが存在します。そのため、一部の看護師に夜勤が集中してしまうことがないように、シフトを作成しなければならないという背景があります。そこで、最近では、シフト管理を専門に行うシステムを導入する医療機関も出てきました。

シフト管理をシステム化することで、今まで手作業で行っていたシフト作成の作業が簡略化できれば、シフト作成をする管理職の負担を減らすことができます。看護師向けのシフト管理用ソフトは、いろんなメーカーから販売されているので、いくつかの選択肢の中からコストと使いやすさを検討して導入を進めることが可能です。

それから、看護師向けのシフト管理用ソフトの中には、クラウドで活用できるものもあります。クラウド型なら、少ない初期費用での導入ができますし、月額の課金が少ないソフトであれば、導入へのハードルもそう高くはないでしょう。

ソフトを導入するときに欠かせない操作方法の習得については、操作性に優れたインターフェイスが採用されているので、最低限の期間で済むはずです。このようなソフトは、勤務シフトの作成や管理だけではなく、給与計算との連携も容易に行えるので、事務的な作業にかける手間が大きく削減できるといわれています。